カート

閉じる

雄大な黒部のトレイル『黒部源流雲ノ平周回HIKE』【前編】|HIKE JOURNAL #2

雄大な黒部のトレイル『黒部源流雲ノ平周回HIKE』【前編】|HIKE JOURNAL #2

投稿日

【日程】       2018.8/5 - 8/11

【行程】  Day1 : 折立-太郎平小屋-薬師峠キャンプ場

  Day2 : 薬師峠キャンプ場-北ノ俣岳-黒部五郎岳-三俣蓮華岳キャンプ場

  Day3 : (三俣蓮華岳キャンプ場-三俣蓮華岳-双六岳-三俣蓮華岳キャンプ場)   

黒部源流-雲ノ平キャンプ場

  Day4 : 雲ノ平-薬師沢-太郎平小屋-折立

【距離】        約42km

【行動時間】Day1 : 2.5h

  Day2 : 6.3h

  Day3 : 5.1h

  Day4 : 4.6h         Total : 18.5h

【ルートマップ】

 

 

名だたる山々が数多く連なる北アルプス。

その最深部であり日本最後の秘境、雲ノ平。

3泊4日で雲上の楽園を目指す旅。

富山県側の登山口である折立から入り、太郎平を南へ。

黒部五郎岳、三俣蓮華岳、黒部源流、雲ノ平を周回する。

 

 

前編では、Day1Day2。

後編では、Day3Day4をジャーナルとしてまとめていきます。

 

【Day1】折立-太郎平小屋-薬師峠キャンプ場

1日目初日。

折立からスタート。

序盤は木の根が多い樹林帯が続く。

夏休み時期の日曜日。

やはり人気の北アルプスだけあって、登山客は比較的多め。

樹林帯は道が狭いことも多く、所々渋滞。思うように進めない。

小一時間で少し開ける。右手には有峰湖の展望。

 

トレイルが開けて、右後ろに有峰湖。

 

ここからは樹林帯を抜け、開けた道や木道が続く。

引き続き登り。

結構長めの登りが随所に。

多少長い登りでも止まらず、一定のペースで登り続ける。

道が広くなったので他の方を何人か抜かしつつ、比較的快調に進む。

ベンチや木道を経て、太郎平小屋に到着。

折立から薬師岳への中間地点ということもあり、登山客でごった返している。

この日は、小屋から薬師岳方面に20分ほど木道を進んだ所にあるキャンプ場にテント泊。

人気の薬師岳へのベースキャンプ地として近い場所にあるのでかなり人は多かったが、奥の方の静かな場所を確保できた。

  

着いてみたら、コースタイム5時間の所を2.5時間で登ってしまっていたことに気付く。

ペースが早すぎるのもあまりよろしくはない。

しかし自分の中で無理がなければそれでいい。

これもU.L.スタイルの恩恵の一つと言うべきか。

 

太郎平小屋から薬師峠キャンプ場へ。奥には薬師岳。

 

【Day2】薬師峠キャンプ場-北ノ俣岳-黒部五郎岳-三俣蓮華岳キャンプ場

二日目

この日は4日間の中で一番長い行程。

太郎小屋から南へ進み、黒部五郎岳を経由して三俣蓮華岳キャンプ場まで。

俗にダイヤモンドコースと呼ばれる大展望とお花畑の稜線のルートを進む。

 

夜明け前から出発。

薬師岳方面に登る人が多い中、一旦来た木道を戻り太郎平小屋。

そこから南側、北ノ俣岳方面の道へ。

ここからは雄大な山々が連なる大展望の稜線歩きが続く。

槍ヶ岳方面や、雲ノ平方面の展望もかなり良い。

景色に魅了されながら、北ノ俣岳、中俣乗越を超えていく。

 

北ノ俣岳

 

美しい稜線の大展望に、いちいち圧倒されてしまう。

北アルプスの山々の雄大さを肌で感じ、感動を覚えてしまうほど。

 

黒部五郎方面へ。

 

きつい急登を登り切って、黒部五郎の肩へ到着。

 

黒部五郎の肩から。

 

ここまでの稜線。実に素晴らしいトレイル。

 

黒部五郎岳の雄大なカール地形は、まさに自然が作り出した絶景である。

 

黒部五郎のカール。巨岩ゴロゴロ。

 

 

名残惜しくも黒部五郎小屋方面へ進む。

この日の行動時間の長さから、この辺から体力的にきつくなってくる。

やっとの思いで黒部五郎小屋へ到着。

なかなかこじんまりとしたいい雰囲気な小屋。

コーラを入れ、少し回復。

ここにもキャンプ場があるのでテントを張るか迷ったが、当初の予定通り三俣蓮華へ。

三俣蓮華岳キャンプ場へはピークを見送り巻道で。

 

三俣山荘と鷲羽岳。

 

いくつか林の中を抜け、やっとの思いで鷲羽が見えた。

体力の限界ギリギリでなんとか到着。

鷲羽岳の大絶景が目の前に。

ここの小屋はかなり人気で、登山客でごった返す。

 

ここの小屋とテント場は全体がハイマツに覆われている。

この日もテント場は結構埋まってきていたが、運よく個室を確保。

鷲羽もよく見えるいい場所だった。

 

 テントと夕焼けの鷲羽岳。

 

 

Day3とDay4は後編へ続く。 

 

 

■ HIKE JOURNAL

#1 八ヶ岳核心部縦走HIKE

 

■ Web Shop

https://free-trex-gear.jp

 

■ FREE TREX GEARについて

https://free-trex-gear.jp/pages/about

執筆者

MiyanagaYusuke

「Free Trex Gear」創立メンバーの一人。ライティング全般を担当。
20代前半から山歩きやキャンプに興味を持ち始め、山に通い始める。
近年はU.L.ハイキングの思想やカルチャーに深く影響を受け、日々U.L.ハイクやキャンプに没頭。
将来的には、ブランドを立ち上げてウェアやギアの制作をすること、海外のロングトレイルを歩くことが夢である。
平成元年生まれ。神奈川県横浜市在住。

こんにちは!

お知らせを受け取る